これから東中野界隈の様子が描かれた短編小説をご紹介いたします。 
 
作者友岡寿彦さんの作品に、僕が少し読みづらい言葉にふりがなをつけて、作品を掲載します。それでは、古き良き時代をお楽しみください。(不定期更新です) 

作品No.1  「行きずり(ゆきずり) 

(Ⅰ)
五平が、早朝、近くの神田川沿いの遊歩道を歩き始めてから、もう一年余になる。 南の淀橋と北の小滝橋の間に九つの橋があるが、約1700mを往復すると45分程歩くことになる。 殊更(ことさら)大股(おおまた)でとか、或は(あるいは)腕を強く振ってとかではなく普通に歩いている。 淀橋寄りの栄、伏見橋からは、西新宿の高層ビル群を見上げる景色になる。 

川の両岸には、ずっと高、中、低木が植えられていて、適時、季節の花が楽しめるように、配慮されているようではあるが、場所柄、遙か(はるか)遠山を望みながら、土堤(どてい)の青草の道を歩くというようなことは望むべくもない。 川の両壁面と底の三面は、凡て(すべて)頑丈なコンクリートで固められていて、川底は路面から10m程の下にあり、岸辺に立って魚がどうのこうのと言うような“自然”とは全くかけえ離れていて、“野趣”(やしゅ)は欠けらも無いが致し方ない。 


毎朝歩いていると、男女同好の士は結構居るものである。町会の馴染みだろうか、歩いたり立ち止まったりし乍ら(ながら)、話し話しの数人のグループとか、仲睦まじげ(なかむつまじげ)な何組かの夫婦や、ちょっと威厳の残影を感じさせる老紳士風とか、 左右の肩を上げ下げしてよたよた歩きの老婦人、折り曲げた腕を強く振って勢のよい、しゃきしゃきの中年婦人、すっかり輝きを失くしたような杖つきの爺さん、駆けているのは、スポーツ関連の連中であろうし、人間模様は実に様々であるが、道々頻繁(ひんぱん)に目について、聊か(いささか)歩行の妨げになるのが、得々とペット犬を引張ったり、引張られたりしている“愛犬家”である。動き回る長い綱(つな)も邪魔っけだし、道傍(みちばた)のあちこちで糞便(ふんべん)の始末をしているのも目に障る。 


女の人は、大体長パンツで、真夏と雖(いえど)も長袖なのは、日焼け除けと痩身(そうしん)のための発汗を促す(うながす)ためだろうが、それにしては最も日々の運動を要求される筈(はず)の肥満体の人が皆無なのが解(げ)せない。 
伏見橋寄りに住居のある五平は、南の方から歩くのだが、その途中で、よく出会う六十年輩の婦人が居た。 
 
背も高く細身で颯爽(さっそう)と歩いてくる。グレーのストレッチパンツに白いセーターで、庇(ひさし)だけの帽子を被って(かぶって)、なかなか、きりっとした感じである。初めの頃は、全く意識しなかったのだが、日が経つにつれて何となく、今日はどの辺で出会うだろうか、などと、歩き乍ら、漠然(ばくぜん)と思うようになった。 この婦人は、小滝橋の方から、スタートして来るのだが、あっという間の擦れちがい乍ら、往きと帰りの二回出会うことになる。お互い目も合はさないのだが、五平の感じでは、普通の主婦ではなく、ビジネスマンかライターのような雰囲気であった。どちらか言うと、男性的な挙措(きょそ)の人のように思はれた。 


ふと傍(わき)を見ると、簾(すだれ)の垂れた(たれた)窓際の塀の上に猫が目を瞑って(つむって)座っている。そしてその下の少し離れた路上に、もう一匹の猫が、五平の方を窺う(うかがう)かのように見ていた。 

 


 
東中野散歩道